認知症専門部会

 認知症専門部会は、認知症の方が暮らしやすい地域づくりを目的に、認知症の啓発や見守りの地域ネットワークを創るための取組みを検討します。

 昨年度の取り組み

 認知症の啓発や、専門職や認知症サポーターに対するフォローアップを行いました。また、事例検討をとおして、認知症の方やその家族が地域で安心して暮らすためには、地域住民による認知症および認知症の方やその家族へのさらなる理解促進が必要であると考えました。


今年度の方針

 区民に対する認知症の理解を促進するための啓発や専門職向けの研修、認知症サポーターのステップアップ講習を行うほか、認知症サポーター有志による寸劇を用いた啓発ボランティアである劇団「オレンジリング」の活動を支援します。また、緑区が国立長寿医療研究センターと実施する「地域における身近な認知症予防対策事業」において養成された認知症予防スタッフの地域活動促進を検討します。

 認知症ケアパス

  認知症ケアパスとは、認知症と疑われる症状が発生した場合に、認知症の進行状況に応じてどのような医療や介護サービス、福祉制度や社会資源を利用できるのかなどを、認知症の方やその家族向けにまとめたものです。
 認知症専門部会では、「わかりやすく使いやすい認知症ケアパス」の作成をめざし、医師や認知症介護の専門職、認知症のご家族、認知症サポーター、認知症予防スタッフなど、様々な方に参加していただき、認知症ケアパスワーキングチームを設置しました。
 ワーキングチームで検討を重ね、福祉制度や社会資源に加え認知症予防についての記事も加えた「緑区版認知症ケアパス」を作りました。ぜひ、ご活用ください。

 
   
  


認知症の方にやさしい店

 認知症になっても住み慣れた地域で、本人が望む暮らしを続けることができるように、「認知症の方にやさしい店」を増やす取り組みを行っていきます。「認知症の方にやさしい店」とは、お店等の方に「認知症サポーター養成講座」を受講していただき、認知症の方々が買い物などで困ったときに声かけや手助けの支援をし、必要な時に相談機関へ連絡または相談していただくお店です。


(緑区「認知症の方にやさしい店」についてはこちらをご覧ください)



[構成員]  医師会、県柔道整復師会、民生委員児童委員連盟緑区支部、介護保険事業者、NPO、
認知症の方の家族、認知症サポーター、緑区社会福祉協議会、緑福祉会館、いきいき支援センター

[問合先]北部いきいき支援センター 052-899-2002
     南部いきいき支援センター 052-624-8343
     

★認知症専門部会からのお知らせ★