地域支援ネットワーク部会

 目 的

 高齢者の孤立(死)を生まない地域社会づくりを目指して、平成26年度に設置いたしました。
 この部会には、行政機関のみならず住民団体や事業者などの関係者にもご参画いただき、高齢者が孤立することなく安心して住み慣れた地域で暮らし続けることができるよう、地域のなかのネットワークづくりについて協議するとともに取組みを進めてまいります。 

 これまでの取り組み

 孤立(死)防止のネットワークづくり、地域づくりについて共通理解を図るための研修会を行うとともに、事例検討を通して緑区の地域課題の抽出と具体策の検討を行いました。
 27年度には課題の中の一つに対応するべく「見守りが必要な高齢者の暮らしぶりが伝わるシート」を作成し、具体的な活用を模索するためモデル実施を行いました。また、地域の見守り協力事業者の登録拡大のために緑区介護事業者連絡会において「高齢者見守り事業者登録制度」について研修会を開催しました。

今年度の取り組み

 昨年度行った「見守りが必要な高齢者の暮らしぶりが伝わるシート」のモデル実施から見えてきた課題を分析し、緑区で実用的な見守りツールとしての活用を図ります。また、今年度も商店街等新たな対象者に「高齢者見守り事業者登録制度」についての研修会を開催します。

構成員

  • 部 会 長:民生委員児童委員連盟緑区支部 小林信行会長(大高学区)
  • 常任委員:民生委員児童委員連盟緑区支部、緑区老人クラブ連合会、指定居宅介護支援事業者、介護保険事業者、
  •      ボランティア団体、緑区役所 計6人
  • 専門委員:緑区区政協力委員協議会、緑区保健環境委員会、緑警察署、緑消防署、名古屋市新聞販売店見守り協力店
  •      名古屋市住宅供給公社南部事務所 計6人
  • 合計12人
  • 事務局:緑区役所福祉課・緑区徳重支所区民福祉課

 

 問合先

 緑区役所福祉課 052‐625‐3966
     

★地域支援ネットワーク部会からのお知らせ★